スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

SABAKU

20140903_055946.jpg

  さばく、サバク、砂漠、裁く、沙漠。

 今回は“うなぎを捌く”です。

 うなぎの捌き方と言えば、 
 クネクネ動き回るうなぎを颯爽と持ち

 まな板にさっと目打ちをし、
 うなぎ包丁でスッと身を開き

 同様に骨もスッと取る
 こんなイメージですよね。

 でも、「ぬめりがあり、細く動き回る
 うなぎを捌くのは難しいから
 素人には無理」という
 思いもありますよね。

 私も、これらのイメージや
 思いがありましたが、

 やはり、うなぎを捕る以上、
 捌けるという技術も
 必要不可欠です。

 何事も経験ですし、最初から
 上手くできる人間はいない!
 というところからチャレンジしました。

 地元の方に教わりましたが、
 お酒で酔わせると静かになるとのことで
 焼酎や日本酒が良いそうです。

 わが家はどちらもなかったので
 料理酒で酔わせてみました。

 10分もすると、おとなしくなったので
 早速、目打ちをし、チャレンジです。

 うなぎ包丁で背開きにするため
 包丁を入れ始めました。

 3分の1位まではうまくいって
 いたのですが、そこから
 うなぎの尾が動き始めてしまい
 ややパニックになってしまいました。

 そこからは骨の位置から包丁は
 ズレ、親指と人差し指を何か所か
 切りと悪戦苦闘でした。

 教わりながらやるのと
 自分でやるのは大きな違いですね。

 不格好ながらも、一応捌くことは
 できましたが、骨に身がついてしまったり

 身に少し骨が残ったりと悔やまれる
 結果でした。

 貴重なうなぎを捌くのですから
 やはり、上手く捌いてあげるのが
 礼儀だなと反省です。

 次回は度数の高い焼酎で
 酔いの効果を高めると共に
 念のため、尾にも目打ちを
 しようかと思案中です。

 一日も早く地元の方のように
 颯爽と捌けるようになりたい
 今日この頃です。

 こんな経験ができるのも
 自然豊かな中で暮らしている
 恩恵だと、感謝しております。


 
 
 

 
 
スポンサーサイト
2014-09-07(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

yuujin.y

Author:yuujin.y
1977年生まれ 男性 茨城県出身
愛する妻と可愛い娘2人、息子の5人家族

ログハウスをこよなく愛し、静岡市葵区大川地区の自然と温かい人々に魅了され、移住を決断!

仕事は精神保健福祉士・社会福祉士として福祉【ふ・普段の/く・暮らしの/し・幸せ】の専門家として活躍中☆

大自然と街の調和の中でダイナミックな暮らしを展開中!!

カテゴリ
fc2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。