スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

野生動物との共存

NEC_0194.jpg

 秋が深まるこの時期、野生動物(猿やイノシシ、鹿、タヌキなど)
 を見かける機会が増えます。
 
 そして、冬眠に入る前なのか、
 畑などの農作物が被害にあう話も多く聞くようになります。

 わが家も里芋を育てていたのですが、
 イノシシに里芋だけ
 きれいに食べられた跡がありました。

 その後も、足跡や畑が荒れていることを
 何度か目にしており、夜、来ている様子が

 わかります。

 私の畑は趣味程度ですが、農家の方や
 もっと本格的に栽培されている方には

 死活問題だろうと考えさせられて
 しまいます。

 自然が荒れ、野生動物の
 食べるものが減ったせいなのか、

 人と野生動物との境界が曖昧に
 なっているせいなのか、

 原因はいくつもありそうです。

 人と野生動物が共存して暮らせる道が
 あるのでしょうか。

 街中では考えもしなかったことですが、
 山里は沢山の考える課題を与えてくれます。

 

 
 
 
スポンサーサイト
2012-10-14(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

yuujin.y

Author:yuujin.y
1977年生まれ 男性 茨城県出身
愛する妻と可愛い娘2人、息子の5人家族

ログハウスをこよなく愛し、静岡市葵区大川地区の自然と温かい人々に魅了され、移住を決断!

仕事は精神保健福祉士・社会福祉士として福祉【ふ・普段の/く・暮らしの/し・幸せ】の専門家として活躍中☆

大自然と街の調和の中でダイナミックな暮らしを展開中!!

カテゴリ
fc2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。