スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

移住物語 第4章 ~田舎での人づき合いは大変でしょ?~

burogu.jpg

田舎の人づき合いは大変でしょ?
 
 他所から来た人は受け入れてもらえないし、

 色々なしがらみがあるんでしょ」

 この考え方は、実は私も移住する前に
 不安に感じていた点でした。

 地元に貢献しなければ、
 積極的に自分から関わっていかなければ

 仲間に入れて貰えないのではと
 勝手に思い込んでいました。

 しかし、これ等のことは全て杞憂に
 終わりました。

 町内会に入りたいと伝えたところ
 すぐに町内会長さんや副会長さん、

 班長さんや会計の方などがわが家を
 訪れてくれ、大歓迎してくれると共に

 「わからないことは何でも聞いて」と

 とても良くして頂きました。

 また、子どもがいるということを
 聞いた子供会の会長さんも訪問してくれて

 地元の子育ての状況を教えて頂いたり
 子供会のお誘いも頂きました。

 他にも地元の社会福祉協議会の方や
 近隣の方など、沢山の方が来てくれました。

 今、思い返しても本当にありがたいことでした。
 
 移住して1年間、地元の行事や集まりにも
 沢山参加させていただき、

 今では「樅の木のところの○○さんでしょ」と
 覚えて頂いている次第です。

 街でマンションに住んでいた頃は、
 町内会に入っていても、何をやっているか

 わからず、地域のことは何もしりませんでした。
 
 また、マンションに住んでいる人もほとんど
 何をしている人か知りませんでした。

 この時に比べて、今は、沢山の人づき合いの
 機会が増えましたが、これ自体は

 とても自然なことであり、この
 機会をとても楽しんでいます。

 地域で暮らす中で、まったく
 人づき合いがなく地域のことが

 わからないということは、
 とても不自然なことだと思います。

 そういった意味で、ここ大川地区の
 人づき合いは、地域で暮らすという

 本来のあるべき姿なのではと
 感じております。

 全ての田舎の事情はわからないので
 多くのことは言えませんが、

 私が住んでいるこの大川地区の
 人づき合いはとても楽しく、

 親しみがあるものだと感じています。

 もし、この大川地区へ
 移住を考えている方がいれば

 「何の心配もないですよ」と
 言ってあげられそうな気がします。

 皆が想像する良き田舎の姿が
 ここにはあります。

 
 

 
スポンサーサイト
2012-05-03(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

yuujin.y

Author:yuujin.y
1977年生まれ 男性 茨城県出身
愛する妻と可愛い娘2人、息子の5人家族

ログハウスをこよなく愛し、静岡市葵区大川地区の自然と温かい人々に魅了され、移住を決断!

仕事は精神保健福祉士・社会福祉士として福祉【ふ・普段の/く・暮らしの/し・幸せ】の専門家として活躍中☆

大自然と街の調和の中でダイナミックな暮らしを展開中!!

カテゴリ
fc2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。