スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

だって、不便でしょ…

NEC_0060.jpg

我が家を訪れる友人知人は皆、
このロケーション、ログハウスを

とても気に入ってくれ
絶賛してくれます。

では、移住するかというと
そうはなりません。

そこに立つ壁、そうそれは
“不便”というキーワード。

住むとなると田舎は不便だから
暮らせないとなるのです。

実際に私が移住する前の街での生活と

移住してからの暮らしを
比較して感じたことは

街中の暮らしは便利なのではなく、
“便利過ぎる”ということです。

つまり、ここでの生活に不便さを
感じることはほとんどない、

言うなれば、ここも便利なのです。

本当に何にもないかと言われれば
公共交通機関であるバスが

少ないため、職場の飲み会等が
あると21時にはあがらないと

いけない位です。

ただ、これも健康や経済的なこと、
家族を考えれば、プラスなのかもしれません。

便利に慣れるということは
それがあること、できることが

当たり前になるということです。

そして、その当たり前が欠けると
一気に不便さを感じるのだと私は思います。

その“便利さ”は本当に自分のライフスタイルに
欠かせないものなのか、どうなのか

ここでの暮らしはそれを問いかけてくれます。

本当に必要な便利さだけが残った時

自分のライフスタイルはとても
シンプルなものになると思います。

本来、人間が暮らしていくのに必要な便利さは
そんなに多くないということを感じさせてくれる

暮らしがここにはあります。
スポンサーサイト
2012-04-06(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

感心します

まさに、おっしゃる通りです。その事に気付き、行動を起こしている人が世の中にどのくらいいるでしょうか。街中の人も、田舎の人も、それに気付いていない人がほとんどです。私も分かっているつもりでいましたが、こうやって上手に言葉で表す事ができませんでした。多くの人がそれに気付いてくれれば、とても素晴らしい事ですね。
2012-04-15 17:35 | タクヤ | URL   [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

“便利”と“不便”の捉え方、本当にこの土地での暮らしが色々と教えてくれたように感じます。“不便”と感じているハードルは、越えてしまえば実は大した問題ではないということがよくわかったように思います。一人でも多くの人が、この高そうに見えて実は、そんなに高くないハードルを飛び越える勇気と一歩を踏み出す行動力を持って頂けたら、こんなに嬉しいことはないように思います。
2012-04-15 18:19 | yuujin.y | URL   [ 編集 ]

プロフィール

yuujin.y

Author:yuujin.y
1977年生まれ 男性 茨城県出身
愛する妻と可愛い娘2人、息子の5人家族

ログハウスをこよなく愛し、静岡市葵区大川地区の自然と温かい人々に魅了され、移住を決断!

仕事は精神保健福祉士・社会福祉士として福祉【ふ・普段の/く・暮らしの/し・幸せ】の専門家として活躍中☆

大自然と街の調和の中でダイナミックな暮らしを展開中!!

カテゴリ
fc2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。