スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

北海道の新蕎麦

DSC_0032.jpg

 月1回の蕎麦打ち教室に
 参加してきました。

 今回、打った蕎麦粉は何と
 北海道の新蕎麦でした。

 蕎麦の実は寒冷地から取れ
 だんだんと南下していきますが
 もう新蕎麦が出てきているんだと
 驚きと感慨深さを感じました。

 新蕎麦はやはり香りが全然違い、
 袋を開けた途端、ふわっと
 蕎麦の香りに包まれます。

 食べた食感もフレッシュな感じや
 喉越しがよく
 非常に美味しく感じました。

 これから数ヶ月、色々な産地の
 新蕎麦が打てると思うと
 今からとても楽しみです。

 中でも、一番の楽しみは
 言わずもがな
 大川の在来蕎麦ですが。

 各地域の蕎麦粉の
 香りや風味、味をそれぞれに
 楽しみたいと思います。


 

 

 
スポンサーサイト
2015-09-27(Sun)
 

煙パーティー

DSC_0031.jpg

 職場の同僚であり、燻製好きのKさんから
 イノシシモモ肉、イノシシ舌、卵、かまぼこ、
 チーズ、ししゃも、虹鱒の燻製を頂きました。

 燻製は仕込み、塩抜き、燻しの行程があり
 基本的には1週間、短いもので1~2日程度
 時間がかかります。

 煙で燻すだけで、こんなにも食材の風味や味が
 変わるのかと驚かされると共に、
 燻製の香りが更に食欲をそそります。

 私自身、燻製初心者で
 少しずつがんばっていますが、
 やはり出来上がるまでの時間の
 長さがネックになり、なかなか
 回数を重ねるに至っておりません。

 しかし、一度食べるとその味に
 魅了されるので、燻しのテクニックも
 是非、マスターしたいと考えています。

 昔は保存食としての燻製でしたが
 今は、贅沢な料理としての一品だと
 感じております。

 食欲の秋に向けて
 がんばりたいと思います。


 
2015-09-27(Sun)
 

移住後の暮らしについて伝える

DSC_0022_20150923191906b15.jpg

 先日、大川地区で行われた
 「田舎暮らし体験プログラム」の1コマで

 移住後の生活について
 お話させていただく貴重な機会がありました。

 東京から来られた3家族の方と
 お話させていただきましたが

 そこで思い起こされたのが
 数年前、田舎暮らしに憧れ、
 でも、色々な心配や不安もあり
 中々、決断しきれない過去の自分でした。

 田舎や自然の魅力は十分理解できるけど
 そこに移るためには、便利さから離れることや
 価値感、考え方などの変化などが
 求められます。

 また、世の中は便利さや合理性を 
 如何に追求するかが目的になっているため
 
 移住という人と違うことをしようとする者に
 対して、否定的なことを言う方もいます。

 でも、私が今感じていることは
 それらのハードルを越えて移住するという
 決断をしたからこそ、

 今のかけがえのない、充実した
 楽しい日々があるということです。

 そして5年後、10年後の自分は
 今以上のことを経験して、出来ることが増え
 
 この田舎暮らしを満喫しているということが
 容易に想像できます。

 プログラムの中で
 私がお話したことは
 
 “案ずるより産むが易し”の一言で
 「行動、決断した先には

 かけがえのない楽しい日々が
 ありますよ」ということ、

 そしてそれを一緒に
 楽しみませんかという想いでした。

 それぞれのご家族
 最良の決断をしてくれれば
 良いなと感じております。

 
 
 
 
2015-09-23(Wed)
 

美味しく食べるために

DSC_0021.jpg

 工夫をするということは
 手間であることがありますが、

 その工夫が元の2倍、3倍の
 良さや価値を作り出すことも多いです。

 先日獲れたイノシシ肉をミンチにしました。
 
 塊で煮たり、薄くして焼くだけでは
 バラエティーに限界がありますし
 どうしても飽きが来てしまいます。

 せっかく頂いた命だからこそ
 少しの手間と工夫で
 料理の幅や食べた人の満足が
 増えたら良いなと思います。

 ちなみにこのミンチ肉ですが
 料理をする女性からは
 大変好評を頂いており、

 私は先達てキーマカレーを
 作り奥さんと子どもに
 喜んでもらえました。

 料理の腕も少しずつ
 磨いていきたいと思いつつ

 次はミートソース作りに 
 挑戦したいと密やかに
 考えている今日この頃です。
2015-09-23(Wed)
 

秋の深まりと共に梅酒が漬かっていく

DSC_0019.jpg

 今年の6月頃、
 「梅があるから梅酒でも漬けてみな」との
 連絡をいただきました。

 昔、母親が何度か作っているのを見たことは
 ありましたが、まさか自分が作るとは
 夢にも思いませんでした。
 
 しかし、梅酒は夫婦揃って好きということもあり
 作り方を教えていただき、早速チャレンジ。

 私なりのこだわりとして、
 “梅がたくさん入っている方がおいしいに
 違いない”との思い込みから
 規定量の1.5倍の梅を入れ仕込みました。

 そして、その後は、時々見る位で
 後は放置しておりましたが、

 先だって妻の誕生日があり
 試飲してみると、今まで飲んだ
 梅酒の中で、一番美味しいのではという位
 うまく漬かっていました。

 新鮮な梅を使い、手間隙をかけて
 コストを気にせず作れるから
 美味しい梅酒ができるわけだと
 勝手に納得してしまいました。

 内心、これだけ美味しいなら
 もっと漬けておけば良かったなと
 欲がでてきましたが、
 それは来年以降の楽しみと
 考え直しました。

 もう1ヶ月位漬け、秋が深まった頃に
 本格的に飲みはじめたいと思います。

 
 
2015-09-22(Tue)
 

ひょうたんから駒

DSC_0016_2015092216020133a.jpg

 ひょうたんですが、今までの私の人生において
 まったくと言っていい程、接点のないもので
 
 おみやげ屋さんで見る位のものでした。

 しかし、一本の電話があり
 「ひょうたんがあるから何か作ってみな」と
 地元の方から仰っていただき
 突如としてひょうたんとの接点が
 生まれました。

 私自身、「きっかけ」というものを
 とても大切にしているので
 このきっかけも何かにつながるかもしれないと考え
 即、チャレンジしてみようと決意しました。

 でも、ひょうたんで何ができるのか 
 わからなかったため、インターネットで調べたところ
 
 ひょうたんランプやひょうたんスピーカーなど
 色々なものがヒットしました。

 今はみやげ物にある置物等だけでなく
 オシャレなものがたくさんあるんですね。

 たくさんある中から思案して
 私はひょうたんランプを作ってみようと
 決めました。
 
 実用的かなと考えたのと
 何より、部屋でついていたら「きれいだろうな」と
 イメージが膨らんだからです。
 
 そこから作業にかかり、
 薄皮を金だわしで剥いで

 2週間ほど水につけ、本日、
 ドリルで穴を開け、実と種を
 出しました。

 うまくできるかわかりませんが
 何事も経験、一つくらい
 使えるひょうたんランプができれば
 良いなと考えております。
 



th[7]


 

 

 
2015-09-22(Tue)
 

そして今日も技術を高める

DSC_0015.jpg

 罠猟の師匠であるHさんから連絡があり
 40kgのメスのイノシシがかかったから
 解体に来れるかとのお誘いがありました。

 私自身、お誘いがあった時、余程の
 用事がない限りは必ず、行くようにしています。

 というのも、獲物が獲れた時に
 解体の練習をしておかないと
 
 いざ練習したい、うまくなりたいと思ったときに
 獲物がなければどうにもならないからです。

 少しずつ回数を重ねてきているので
 手順や方法はある程度承知しておりますが

 やはり上手に捌けるかというと、
 まだ自信がないのが本音です。

 もっと回数を重ね、無駄なくきれいに
 解体ができるよう技術を高めて
 いきたいと思います。


  

 

 

 
2015-09-22(Tue)
 

初物

201507270540000.jpg

 8月のことになりますが
 今年初のウナギが獲れました。

 ウナギが獲れた時の喜びはすごいですが
 一方で、やはり簡単には取れないのが
 現状です。

 昔はたくさん獲れたと地元の長老の方から
 聞くと、藁科川の変化を感じずにはいられません。

 今年も9月終盤、終わりが近づいているの
 感じつつ、もう一回藁科川のウナギに
 出会えたらなと願っております。

 自然の移り変わりに秋を感じつつ
 時が静かに流れていきます。
2015-09-21(Mon)
 

煙で燻す

DSC_0012.jpg

 ジビエ料理が密やかなブームになっていると
 最近、聴くがことがあります。

 大自然での環境で、自然の物を食し
 たっぷりと運動している訳ですから
 肉の旨みは深いですよね。

 さらに猟師であれば、鮮度が高いものが
 手に入るから尚更です。

 私もミンチ肉にしたり、スライサーで薄くしたりと
 食べ方に工夫をしておりますが、

 今回はイノシシジャーキーを作るべく
 燻製作りに挑戦しました。

 漬け込み液を作り、一晩漬け込んだ後に
 自然乾燥させ、更に温乾させた後に、
 30分ほど燻製にしてできあがりです。


 DSC_0014.jpg


 初めてのジャーキー作りでしたが、
 味は市販のものと遜色ないか、それ以上に、
 しかも添加物等使わない健康的なものが
 できました。

 職場の同僚にもおすそ分けしましたが
 大変好評で「また、待ってるよ 」との
 リクエストつきでした。

 少しずつですが、獲ることに加えて
 作ることの腕も磨いていければと
 思っております。

 自然の恵みに感謝です。


 

 

 

 
 
2015-09-21(Mon)
 

夏のイノシシは美味しくない??

DSC_0008.jpg


 今年は、初めて有害駆除の許可を取り
 箱わなも借りて設置しました。

 写真は8月30日に捕獲したイノシシです。

 ここで一つ聞いた話が
 “夏のイノシシは脂がなく美味しくない”
 ということです。

 この時も解体してみると冬場と違い
 脂は一切ありませんでしたが
 
 逆にきれいな肉のピンク色が際立ちました。
 
 人はそれぞれ好みで赤身が好きで
 さっぱりした味を好む方もいれば

 脂がのっていてこってりした味を
 好む方もいます。

 私はどちらかというと
 こってりした味のほうが好きですが
 
 実際に食してみると上質な赤身で
 食べやすく、肉の味がはっきりとわかる
 感じでした。

 好みになると思いますが
 私は夏のイノシシも美味しいなと
 感じた次第です。

 畑を荒らしたり、遭遇したときの危険等の
 リスクを減らしつつ、命を無駄にせず
 
 山の恵みに感謝しながら、残りの期間
 有害駆除に従事したいと考えております。

 習得した技術で、地域に役立てることに
 やりがい感じる今日この頃です。

 

 

 
 
 

 
2015-09-21(Mon)
 

読んでいただける幸せ

DSC_0013.jpg

 自宅のパソコンが予期せず壊れて、一切動かなくなり、
 急遽、古いパソコンを取り出し、
 ごまかしながら使っておりましたが

 それも壊れしまい、泣く泣く新しいパソコンを購入しました。

 その間、ブログの更新が滞ってしまいましたが、
 何人かの方から「ブログ更新してよ!」と

 声をかけていただきました。

 つたない文章で日々を綴っていましたが
 読んでいただける方がいるということが

 何より嬉しく思いました。

 思い起こせば、他にも
 ブログがきっかけで声をかけていただいたこともあり
 
 自分の書いた文章で、誰かとつながるという
 経験もありました。

 これからも自分のペースになると思いますが
 読んでいただける方とのつながりを大切に
 
 ブログを書いていけたらと思います。

 読んでくださりありがとうございました。


 

2015-09-21(Mon)
 
プロフィール

yuujin.y

Author:yuujin.y
1977年生まれ 男性 茨城県出身
愛する妻と可愛い娘2人、息子の5人家族

ログハウスをこよなく愛し、静岡市葵区大川地区の自然と温かい人々に魅了され、移住を決断!

仕事は精神保健福祉士・社会福祉士として福祉【ふ・普段の/く・暮らしの/し・幸せ】の専門家として活躍中☆

大自然と街の調和の中でダイナミックな暮らしを展開中!!

カテゴリ
fc2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。