スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

頬つけ・肩つけ

DSC_0161.jpg

 猟場において、獲物を
 撃てる瞬間は、一瞬のはず。

 獲物が出た瞬間に、
 瞬時に銃を構え、狙いを
 つけ、引き金を引く。

 しかも、足場は決して
 平坦ではなく、木々や藪が
 生い茂る中での動作。

 想像するだけで、
 不可能な絵になります。

 しかし、銃を撃つことも
 技術の一つのはずと考え、

 構えの練習(頬つけ・肩つけ)を
 鏡に向かい、もくもくとやります。

 いつの日か、何も考えずに
 瞬時に銃が構えられる日を

 夢見て、練習に励みます。


 
スポンサーサイト
2014-11-30(Sun)
 

そして、今週も蕎麦を打つ

DSC_0159.jpg

 先週の収穫祭から
 早一週間ですが、

 収穫祭でリズム良く
 打てた感触が忘れられず

 今日も蕎麦打ちを
 しました。

 感触はやはり一週間経った
 ことや、そば粉の違いから

 リズムよくとまではいきません
 でしたが、良い練習に
 なりました。

 願わくば、いつ打っても
 リズム良く、均一とした

 蕎麦が打てるように
 なりたいものです。

 写真は小学生の娘に
 撮って貰ったものですが
 
 目線の高さが違うと
 躍動感溢れる写真に
 
 なるだなと感心して
 しまいました。
2014-11-30(Sun)
 

竹燈篭

DSC_0154.jpg

 友人のIさんから竹燈篭を
 頂きました。

 イベント用に数十本作った内の
 一つということですが

 竹に円形の模様が刻まれており
 民芸品のような雰囲気があります。

 竹燈篭を見るのも
 初めてな私ですが、

 この中にろうそくを灯した時の
 幻想的な風景が目に浮かびます。

 折を見て、点火式をし、
 揺らめく灯りと影の饗宴を
 楽しみたいと思います。


 
2014-11-30(Sun)
 

ただ、練習あるのみ

DSC_0151.jpg

 今週末は猟がないということで
 25日の午後に時間を作り、
 
 射撃の練習に静岡クレー射撃場
 へ行ってきました。

 既に猟期に入ったことや
 昨日、大会が終わったという事で
 
 お客さんは3名と少ない感じだったので
 ノビノビと練習ができました。
 
 構えてから直線に出てくる
 クレーを撃つパターンは
 
 50発中40発命中と
 良い感じに撃つことができました。

 一方で、クレーが出てから
 瞬時に構えて撃つ方は
 まったく当たらずという感じで
 所作が増えると、やはり
 素人感丸出しになります。

 クレー射撃場のスタッフの方から
 色々とアドバイスを貰いましたが

 基本は、数を撃ち、練習することのみ。

 「鏡の前で、銃を構える
  練習をすると良いよ」と

 何度か助言をもらっているので
 家に鏡を設置。

 秘かに秘密特訓をして
 次回はバシッと当ててやろうと
 誓った一日となりました。

 

DSC_0152.jpg
2014-11-24(Mon)
 

蕎麦打ち in 大川収穫祭

20141123_102016.jpg

 地元の大川収穫祭に
 大川100年蕎麦の会の
 一員として参加しました。

 私は前日に4kg(60人分)の蕎麦を、
 当日も4kg蕎麦を打たせて
 もらいました。

 当日は、収穫祭の中、
 初めてお客さんの前で
 打たせてもらうということで、
 
 非常に緊張しましたが
 打っているうちに、段々と
 気持ちが乗ってきて、2回目からは
 普段よりリズムよく打てて、
 蕎麦の出来も、とても良いものでした。

 私の作った蕎麦をお土産や
 その場で食べてくれるという
 嬉しさは格別で、蕎麦打ちを
 がんばってきて、良かったなと
 感じました。

 これからも、大川100年蕎麦の会の
 一員として、蕎麦打ちに精進し、
 美味しいお蕎麦を皆さんに
 届けらたらなと思います。

 奥が深い蕎麦打ちは
 とても面白いものです。


 
2014-11-23(Sun)
 

巡視船おきつ

img_0.jpeg

 今週、仕事の関係で海上保安庁を
 訪問させて頂く機会がありました。

 訪問させて頂いた際、 
 巡視船おきつが帰港していると
 言うことを聞き、

 ふと「船、見てみたいですね」と
 話したところ
 「帰りに寄っていきますか?」
 との、まさかの嬉しいサプライズが!

 船に行くと隊員の方が
 機関砲や水銃、ボートの
 説明から、操舵室まで
 案内してくれました。
 
 尖閣諸島やさんごの密漁等で
 海の最前線で、活躍する
 船といういうことで、
 その迫力に圧倒されました。

 また、時には生死をかけて
 任務を行うという現実には
 言葉にならないものが
 ありました。

 中でも、職員の方の話で
 特に心に響いた話しが、

 「我々の任務でレスキューが
 ありますが、生存者の救出よりも
 遺体の収容の方が圧倒的に
 多いんです。

 でも、家族が待ちわびている
 大切なご家族なので
 
 遺体を収容し、できるだけ
 きれいな姿で、待ちわびている
 家族の元へ帰してあげることも
 我々の重要な任務なのです。」

 海の警察と言われる
 海上保安庁の仕事ですが
 
 中々、日のあたることがない
 ように感じおりますが、

 もっともっと、皆に知ってもらい
 その重要性を理解して
 応援してもらえるようになったら
 良いなと感じました。

 陰ながらですが
 「日本の海をいつも守って頂き
 ありがとうございます!!」と
 深く感じた時間でした。

 
 
 
  
 
2014-11-22(Sat)
 

ドキドキの猟師デビュー

DSC_0146.jpg

 2014年11月15日(土)
 ドキドキの猟師デビューを
 させていただきました。

 静岡猟友会藁科支部の
 銃猟チームの一員として
 地元、大川地区の山へ。

 私の役割は、“待ち”で
 山の上から猟犬を放し、

 猟犬に追われて、山を下ってきた
 獲物を狙い撃ちにする
 役割でした。

 山の急こう配、道なき道を
 先輩猟師と共に登り、
 持ち場につかせて頂きました。

 上の写真は、山を登っているときに
 イノシシが飛び出していった
 寝屋(イノシシの寝ぐら)です。

 私はまったくわかりませんでしたが
 先輩猟師は、いち早く獲物に気づきましたが
 残念ながら、見送りでした。

 また、寝屋では獣臭がすると
 教えて下さりましたが、
 残念ながら、私にはまったく
 わかりませんでした。

 この時、猟師とは
 熟練の職人だなと
 改めて感じました。

 午前中、
 私のところに獲物が下りてくる
 ことはなく、唯一、猿の群れに
 周囲を囲まれたのみでした。。。

 ただ、そこは山の中、
 ガサっという音や
 周囲の気配に気持ちは
 ドキドキで、正直、
 「自分のところに来ないでくれー」と
 いう思いでいっぱいでした。

 午後は場所を変えて
 別の山の中で待機して、
 一度、無線で「そっちに行くかもしれない」と
 連絡があり、銃に弾を込め、
 ドキドキしながら、緊張の絶頂に
 おりましたが、結果は私のところに
 くることはありませんでした。

 狩猟をやる前は、獲物がバンバン来て 
 ドンドン撃っていくイメージが
 ありましたが、基本的には
 待って、待って、結局来ないと
 いうことも非常に多いということが
 わかりました。

 しかし、先輩方は
 ゴン坊(今年産まれたイノシシ約20kg)を
 3匹しとめていました。

 猟の終了後、心臓とレバーを
 焼いて食べさせてもらいましたが
 新鮮な心臓はコリコリした食感で、
 レバーはプリプリしており、
 焼肉で食べた同じ部位の
 どの肉とも比べ物にならない位
 美味しかったです。

 初めての猟と
 命を頂くという貴重な
 経験をさせていただきました。

 今シーズンを通して
 色々なことを学び、感じ取り、
 そして自分の経験にしていきたい
 と思います。

 また、先輩猟師の知識や技術、
 経験を受け継いでいけるよう
 頑張りたいとも感じた一日でした。


 

DSC_0149.jpg
2014-11-22(Sat)
 

食欲の秋

DSC_0139.jpg

 秋が深まって来る今日この頃
 読書の秋やスポーツの秋等
 
 色々な秋がありますが、
 やはり田舎暮らしでは
 食欲の秋だと思います。

 今日、地元のIさんから
 ずくしをいただきました。

 私も大川に来てから
 始めてずくしを食べさせて
 もらったのですが、
 
 渋柿を時間をかけて
 熟して発効させるもので
 出来上がると、
 プルンとした果肉が
 非常に甘く、
 その食感ととろみ、
 深みのある甘さに
 虜になります。

 ちなみにIさんが地方に
 旅行に行った際に、
 このずくしが数千円で
 売られていたそうです。

 この味を一度味わえば
 その値段を出しても買いたくなる
 気持ちはよくわかります。

 まだ、熟成中ですが、
 今から出来上がりが
 とても楽しみです。

  


2014-11-03(Mon)
 

125発

DSC_0143.jpg

 銃の所持許可が出ましたが、
 腕は当然素人。

 そんな人間が、山とは言え
 銃を撃つ訳ですから、
 皆さん、気が気でないと
 思いますし、
 何より自分自身が
 一番怖いというのがあります。

 そんなこともあり
 11月15日の狩猟解禁日に
 向けて、静岡クレー射撃上で
 練習してきました。

 銃砲店の方、曰く
 猟の前に500発は撃って
 自分の銃に慣れれることと
 獲物を狙えることが大事と
 言われました。

 日が無いので500発は
 難しいかと思いながら
 本日は25発1セットを
 5回、計125発を撃って
 来ました。

 結果は125発中、67枚の 
 クレーに当てることができました。

 今は、当たった数よりは
 銃に慣れることが先決ですが
 やはり当たれば嬉しいですし
 ストレス解消に最適です。

 銃に慣れるよう回数を
 重ねて、事故を起こさない
 ハンターを目指したいと
 思います。



DSC_0145.jpg
2014-11-03(Mon)
 
プロフィール

yuujin.y

Author:yuujin.y
1977年生まれ 男性 茨城県出身
愛する妻と可愛い娘2人、息子の5人家族

ログハウスをこよなく愛し、静岡市葵区大川地区の自然と温かい人々に魅了され、移住を決断!

仕事は精神保健福祉士・社会福祉士として福祉【ふ・普段の/く・暮らしの/し・幸せ】の専門家として活躍中☆

大自然と街の調和の中でダイナミックな暮らしを展開中!!

カテゴリ
fc2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。