スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

長かった…本当に長かった…

DSC_0132.jpg

 今年の1月に銃の免許取得を考えてから
 約10カ月、10月20日付で

 ようやく銃の所持許可証が
 取得できました。

 取得した感想は、嬉しさや
 達成感よりも“長かった”との
 一言に尽きます。

 警察に何度も連絡して、
 いくつもの申請に足を運び、

 必要な書類を
 取るため、市役所や病院に
 行き、加えて、試験等を受け

 ようやく辿りつきました。

 狩猟名人の本を読むと
 この手続きの煩雑さや
 取得の審査の厳しさ、
 
 非常に時間がかかることが
 日本の狩猟文化を衰退させると
 いう文章がありました。

 一方で、母親や職場の人は
 「この日本で銃を持とうと言うんだから
 その位、厳しくなくては安心できない」と
 言っていました。

 私自身、どちらの意見もわかるため
 良い、悪いの判断はできませんが、
 今後もずっと考えていくテーマであることは
 間違いないと思います。

 今回、それだけの煩雑さ等を超えて
 取得できた理由としては、
 
 やり始めた以上、途中で
 止める訳にはいかなという
 一心でした。

 有給休暇を取って、申請の手続き等を
 しましたし、取得に至るまでに
 申請や書類の取得費用で
 10万円近くかかっております。

 時間とお金を投資した以上、
 その分は取り戻さなくてはという
 気持ちで、今日に至りました。

 11月15日が狩猟の開始日なので
 これからが本番ですが、
 
 自然の中で暮らす者として
 動物との共存や住み分けなどを
 考えながら狩猟に望んでみたいと思います。


 

DSC_0131.jpg

【銃の所持許可証取得までの道のり】

1/16(木) 初心者講習会申請(中央署)①

2/5(水)  初心者講習会(県公安委員会)
       試験不合格
※年度末、年度初めにかかり公安委員会が
忙しいため、次の試験は5月と言われる。
 
4/25(金) 初心者講習会申請(中央署)②

5/13(火) 初心者講習会(県公安委員会)
       合格

6/11(水) 教習資格認定申請に必要な
       診断書取得ため 
       こころの医療センター受診

6/16(月) 教習資格認定申請(中央署)

6/25(水) 第1種(装薬銃)狩猟免許試験
       申請に必要な診断書取得のため
       大川診療所受診

6/29(日) 教習資格認定申請に係る
       駐在所警察官との面談
※この前に近所の聞き込み実施済。

7/16(水) 教習射撃用弾申請(中央署)

7/18(金) 静岡クレー射撃上にて 
       射撃教習

7/23(水) 銃選定(大石銃砲店)

7/25(金) 銃の所持許可申請に必要な
       診断書取得のため
       こころの医療センター受診

7/31(木) 銃選定(渡邊銃砲店)

8/7(木) 銃譲受書受取(渡邊銃砲店)
      こころの医療センター診断書受取

8/15(金) 銃所持許可申請(中央署)

8/24(日) 第1種狩猟免許試験

9/24(水) 銃の所持許可申請に係る
       公安委員会面接

10/4(土) 銃の所持許可申請に係る
       ガンロッカー確認(駐在所)

10/21(月) 銃所持許可証の交付(中央署)

10/24(金) 狩猟登録及び猟友会申請

10/25(土) 銃の受取(渡邊銃砲店)

10/29(水) 銃確認(中央署)







スポンサーサイト
2014-10-25(Sat)
 

アリかキリギリスか

DSC_0127.jpg

 秋が深まりを見せるこの時期
 いつも思い出されるのが、グリム童話の
 “アリとキリギリス”です。

 薪ストーブを使っているわが家では
 冬に薪が欠かせません。

 しかし、薪はしっかりと乾かす必要があるため
 切って、薪割りをしてから、乾かす時間が必要です。

 乾かす時間を考えると
 前の冬から春にかけて
 準備する必要があるのですが
 
 すぐに使う訳ではなく
 次の冬の準備となるため
 どうしてもおっくうになります。
 
 そうこうする内に冬を迎えて
 薪が足りるかとハラハラすることが
 3年程、続いています。

 今年は、3年の反省をして
 早めに準備を始めましたが
 途中でやはり息切れに…。

 なかなかアリになれない
 自分を反省しつつ、
 今年4年目の冬を迎えます。

 

 

 

 
2014-10-19(Sun)
 

匠への道

DSC_0125.jpg

 大川100年蕎麦の会の
 定例蕎麦打ち教室がありました。

 この日は、北海道の新そばの粉を
 使っての蕎麦打ちです。

 蕎麦打ちを始めて2年経ちますが
 まだまだ納得のいく蕎麦が
 打てることはありません。

 しかし、毎回、少しずつ
 打ち方を改善していき
 上達を目指します。

 今日の収穫はのし方の方法と
 畳み方について助言を
 いただけたことでした。

 難しいからこそ、
 奥が深いからこそ
 面白みがあるんだと思います。

 いつの日か“大川の匠”と
 呼ばれる日を夢見て、
 修行は続きます。

2014-10-19(Sun)
 

保護者と先生、そして地元の方の協力

DSC_0117.jpg

 保護者と学校の先生、
 そして地元の方が協力して行う資源回収。

 私の地元、茨城では子供会が
 廃品回収という名目で
 
 保護者と子供で実施していましたが
 
 子供だった私にとっては面倒くさいだけの
 義務としての行事でした。

 しかし、大川地区では
 児童数が減っていること等があり
 
 皆が協力して、「一丸」となり
 進めていきます。

 多くの立場の違う大人が、
 一つの事に取り組む姿は
 とても良いものです。

 そして、この時の何ともいえない
 “連帯感”が私は好きです。

 同じことをやるのにも
 場所と人、時代が
 
 変われば、こんなにも
 感じ方が違うものかと
 
 改めて驚かされます。

 また、次回の
 資源回収で感じられる
 “連帯感”を楽しみに
 待ちたいと思います。


 

 
 
2014-10-13(Mon)
 

子どもががんばる姿は大人に勇気と感動を与える

DSC_0077.jpg

 「子どもががんばる姿は
 大人に勇気と感動を与える」

 私の大好きな作家、喜多川泰さんの言葉です。

 二女の保育園で行われた運動会、
 子ども達のがんばる姿に、確かに
 勇気と感動をもらいました。

 最後の年長さんによる恒例のリレーでは
 アンカー勝負になりましたが、

 一番負けていたチームの
 体の小さなアンカーがぐんぐん追い上げ
 最後のコーナーで、前のチームの
 アンカーを抜く!という瞬間
 まさかの転倒…。

 起き上がり、最後まで
 走りましたが、ゴールと共に
 大号泣。

 同じチームの子も皆が
 泣いていました。

 その悔しさが痛いほど 
 伝わってくるとともに、
 
 最後のがんばりに
 心からの拍手を送りました。

 きっと、その悔しさが
 彼らをまた一歩成長
 させてくれることと思います。

 そして、私自身も熱いものを
 感じ、あの子たちのがんばりに
 負けないようがんばろうと感じた
 一日でした。


 

 
 
 

 

 

 
2014-10-13(Mon)
 

興味がなければ知らなかったこと

DSC_0076.jpg

 年齢を重ねるごとに知識は増えていき
 なんでも知ったような顔になっていますが
 その実は知らない事だらけ。
 
 多分、人生が終わる時にも、知ったことは
 世界のほんの一握りのことなのかも
 しれません。

 狩猟を考える前は、世の中に
 鉄砲や猟の本がたくさんあることなど
 夢にも思いませんでしたが、

 写真のものは、狩猟を考え
 買った本の一部です。

 興味がなければ知らなかったことが
 アンテナが立った途端に
 めぐり合い、一年前の自分が
 考えもしなかった自分になっている。

 だからこそ、人生は面白いのかも
 しれませんね。

 まだまだ、知らない沢山の事に
 興味を持ち、本棚を充実させ

 そして、また来年、今の自分とは
 違った自分に出会いたいと感じます。

 その興味と刺激をくれるのが
 大川の自然の中の暮らしです。


 

 

 
 
2014-10-05(Sun)
 
プロフィール

yuujin.y

Author:yuujin.y
1977年生まれ 男性 茨城県出身
愛する妻と可愛い娘2人、息子の5人家族

ログハウスをこよなく愛し、静岡市葵区大川地区の自然と温かい人々に魅了され、移住を決断!

仕事は精神保健福祉士・社会福祉士として福祉【ふ・普段の/く・暮らしの/し・幸せ】の専門家として活躍中☆

大自然と街の調和の中でダイナミックな暮らしを展開中!!

カテゴリ
fc2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。